カラダお役立ち情報 Information for Body

我々理学療法士が、 カラダの為になる 様々な情報をお届けします。

変形性股関節症の痛みは予防できる!階段2段飛ばすだけで・・

股関節がつまる・・
股関節の周りが痛い・・
股関節が動きにくい・・
このような症状をお持ちの方は注意。
女性に多いと言われている変形性股関節症。
実は発症する年齢は様々で
20代や30代でも徐々に症状を自覚する人もいます
股関節に不安がある人は早くから適切な運動を始めましょう。

<変形性股関節症は早期発見が大切>
どの病気も同じが早期に発見することが大切です。
変形や痛みが少ないうちから適切な運動や生活を
守れば股関節も長持ちします。
逆に、知らず知らずのうちに
股関節を痛めつけている生活をすると
早めに手術を迫られることがあります。

・重たい荷物を持つ
・女の子座りをする
・運動不足
・肥満
・長時間の歩行
このようなことは股関節を痛める可能性があります。
股関節をいたわりながら、強化をすることが何よりも大切。

<階段の2段飛ばしで腸腰筋を鍛える>
駅やデパート、家にある階段があればできる筋トレをご紹介します。
股関節を守るインナーマッスルの一つ「腸腰筋」
この腸腰筋は股関節をしっかりと守ってくれる重要な筋肉。
腸腰筋を鍛えることで安定し、股関節も動きやすくなります。

この腸腰筋を鍛える簡単な方法が階段の2段飛ばしです。

階段の2段飛ばしをすることで股関節を大きく動かして
筋肉をストレッチさせつつ筋力を鍛えることができます。
変形性股関節症の予防のためにも
エスカレーターではなく階段を使って筋肉を刺激してください。
※痛みや違和感が出る方は控えてください。
整体だけに頼るのではなく、自分の体は自分で管理しましょう!

早期発見で正しい運動と体のメンテナンスを定期的に行いましょう!
カラダのボデイメンテナンスはトータルボディメイクつくばまで
HP申し込み→http://totalbodymake.com/ask.html
TEL申し込み→029-836-1715