カラダお役立ち情報 Information for Body

我々理学療法士が、 カラダの為になる 様々な情報をお届けします。

まさか四十肩・五十肩?プロが教える肩関節周囲炎に対する自宅で簡単リハビリ方法!つくば・代々木整体院トータルボディメイク!

洗濯物を干している時・・
棚の上のものを取ろうとした時・・
着替えようとして後ろに手を回した時・・
ピキっとなんとも言えない肩の痛み。

「あれ?なんか腕が挙がらなくなっている。。」

もしかしたらあなたの症状は四十肩や五十肩かもしれません。
しっかりと対処をすることで肩が楽になり、少しずつ腕が上がるようになります。
何もせずに放っておくと腕が上がるまでに時間がかかってしまいます。

今回は四十肩・五十肩について、症状、治療方法、ストレッチなどについてお伝えしていきます。

四十肩・五十肩の原因と症状?

<原因>

四十肩・五十肩は医学的には「肩関節周囲炎」と言われております。肩関節周りが固くなって、周りの炎症で肩を動かすだけで痛いという症状です。年齢として40代や50代が多いのでそのような名称になっています。

原因は様々で、老化により肩関節周りの骨・靭帯・軟骨・腱の使いすぎにより炎症が起こることが主な原因。その原因を知るために病院に行くことがオススメです。何が原因で肩関節周囲炎が起きているのか?これを知ることで動かし方や治療方法が異なります。

<症状>

主に肩周りが動きにくくなり、痛みが出現します。夜間に痛くなる時もあれば運動する時だけ痛い人もいます。

肩の周辺が痛むので、肩の前や外側、後ろ側が痛み人など様々です。

肩を動かしていい/いけない時期

四十肩・五十肩には動かしていい時期といけない時期があります。
わかりやすく大きく分けて2つの時期に分けましょう。

痛みが強い「急性期」、痛みが落ち着いてきた「慢性期」
動かしていけないのは急性期、動かしていいのは慢性期になります。

<急性期の対処方法>

個人差はありますが1ヶ月程度この状態が続くことがあります。急性期は何をしても痛く、夜中寝ているだけでも痛みが強くなります。

つまり「安静時、夜間時、運動時」に痛いという辛い時期です。

この時の対処方法は「安静」にすることと「痛みを抑える」こと(病院などで痛み止めや注射を行うこともあり)。

特に寝ている時は肩をどこに置いたらいいかわからないほど辛いのでクッションや抱き枕を使用して肩の楽な位置を探してあげましょう。

急性期はあまり動かしすぎないほうが良いです。痛みが落ち着くまでは自己流でゴリゴリ動かすのはダメです。余計に炎症を強くして痛みを強くしてしまいます。医師や理学療法士に相談して運動や安静の方法を教えてもらいましょう。

2~3ヶ月経つと少しずつ痛みが引いて慢性期へ移っていきます。この時期から少しずつ動かしていきます。(ポイントは痛みが全体的に引き、動かしてもあまり痛くない時期)

<慢性期の対処方法>

痛みがかなり楽になってくるのは6ヶ月くらいから。(特に安静・夜間時)
ただ同時に肩関節が非常に固くなっています。運動時痛は少しある程度。
この時期からは積極的に痛みのない範囲でリハビリを行いましょう。 

理学療法士や医師に診てもらい、状態を見極めて正しい方法で動かしていきます。少しずつではありますが腕の上がる角度が変わっていきます。途中で投げ出さず、しっかりと肩の運動を行いましょう。

多くの方は1年程度で痛みも減り、腕も上がるようになります。

辛い肩の夜間痛に対する対処方法

何よりも辛いのが肩の「夜間痛」
何をしても痛い急性期の症状です。
理学療法士がちょっとしたコツで痛みが軽減する方法をお伝えしております。

四十肩・五十肩はどれくらいの期間で治るようになるの?

個人差があります。まずは「痛み→肩の動きの制限」の順で症状が出てきます。
軽症であれば1~2ヶ月でよくなり、重症であれば1年以上かかる場合もあります。
いづれも専門家の意見や正しい安静と運動の時期を分けて行うことが治る近道になります。

急性期:1か月~(何をしても痛い状態、夜間痛もあり)

拘縮期:6か月~(肩関節の制限が強く、腕が上がらない状態、痛みは軽減している)

終息期:10か月~(痛み・運動制限が改善されていく時期)

このような経過をたどることが多いです。

どんな人が四十肩・五十肩になりやすいの?その特徴は?

研究によると糖尿病にかかっている人やデスクワークの時間が長い人などが関係していると言われています。つまり「運動不足」が肩に大きな影響を及ぼしています。

肩甲骨がや背骨などが動きにくくなり、肩周りや背筋の筋力低下が起こります。現代人はデスクワークやスマホなど、猫背になって肩甲骨・背骨が動きにくくなることが多いので注意です。

四十肩・五十肩に対しての運動とストレッチ

実はこの四十肩・五十肩は自然と良くなるケースがほとんどです。しかし肩周りが固くなると非常にリハビリに時間がかかります。痛みが軽減してきて、動かせる時期になったら少しずつ動かしましょう。

動画では四十肩・五十肩のリハビリ体操についてお伝えしております。
痛みが出ない範囲で少しずつ動かしてみましょう。

肩のまとめ

・腕が上がらなくなる原因は様々

・痛みが強い時期は病院で消炎鎮痛剤や痛み止め、注射などで対応する

・四十肩・五十肩には動かしていい時期と悪い時期がある

・四十肩・五十肩になりやすい人は「運動不足」が主な原因

・痛みが落ち着いてら正しい運動と方法で体を柔らかくしておく

それでも肩のお悩みがある!という方は、理学療法士が専属で施術・トレーニングをするトータルボディメイクつくば・代々木へお越しください。

カラダの専門家があなたの肩だけでなく、姿勢や筋肉のバランス、動きから四十肩・五十肩を施術させていただきます。