カラダお役立ち情報 Information for Body

我々理学療法士が、 カラダの為になる 様々な情報をお届けします。

変形性股関節症・人工股関節術後でもできる股関節トレーニング!筋トレで股関節を守る方法!理学療法士がいる整体院つくば・代々木トータルボディメイク!

変形性股関節症になると筋肉が弱くなる

2a36fc12e12fbe0275e59782c2a3cfc7_s

骨を支えるのは「筋肉」になります。
股関節の周りにも大きくて強い筋肉が沢山あります。

この筋肉が弱くなってしまうと骨を守りきれず骨自体に大きなストレスを加えます。
試しに2つのテストを行ってみましょう。

1片足で10秒以上フラフラせずに立てるかどうか

2仰向けでお尻がしっかりと上がるかどうか(写真のようなブリッジ運動)

もし2つとも十分にできない場合はお尻周りの筋力が弱くなっている可能性が高いです。
変形性股関節症になる前にしっかりとお尻周りの筋肉をつけて骨を守ってあげましょう。

股関節の筋トレをすると股関節の筋肉が柔らかく・強くなる

実は筋トレは筋肉が強くなるだけではなく筋肉が柔らかくなります。
筋トレをすると筋肉は伸びたり縮んだりします。
伸び縮みの動きが大きくなれば筋トレだけでも筋肉は柔らかくなるのです。

「ストレッチも筋トレも面倒くさ~い」

という人は動きを大きくした筋力トレーニングだけに絞ってみましょう。

特に変形性股関節症の人は筋肉の固さと弱さが混在しています。
まずは丁寧な股関節周りのトレーニングを行いましょう。

股関節のトレーニングはどれくらいの回数やるの?

1日100回も200回もやる必要はありません。
「しっかりと10回正しく行うこと」 

まずはこれを目指しましょう。
変形性股関節症になりかけている人は動きが悪く、力が弱い状態。

この状態で100回も200回も回数を重ねるよりも10回正しく行い、動きを改善するのが優先。あくまでも動きがしっかりと出てきてから回数やセット数を増やしていきましょう。

また毎日トレーニングをする必要もありません。実は筋肉には「おやすみ」が必要なのです。
休むことで筋肉が回復し、強くなるというメカニズムがあります。
 週に2〜3回程度のトレーニングがオススメです!

どれくらい筋トレすれば効果が現れるの?

人間の体は約60~75日で変化が現れてきます。
適切な負荷で週2回継続することがポイントです。

実際に少しずつ変化を感じるのは2週間を過ぎてからです。

「あれなんか歩きやすい」

「立っていても疲れない」

なんて小さな発見があなたの股関節トレーニングの効果です。
継続することが一番のポイントです。

多くの人はトレーニングでの効果が現れる前にやめてしまいます。
まずは2週間継続!!

3つのトレーニングで股関節を守る!(動画付き)

お尻の筋肉が硬くなっているのできる範囲でストレッチしましょう!

ストレッチポールで背骨と骨盤の歪みを整えて、筋肉を良い状態に保つことが大切です。

股関節周りの筋肉をつけるために横向きでトレーニングをしましょう!

※上級編は難しいので、まずは最初の動画だけでも実践してください

腸腰筋(股関節の前側を守る深層の筋肉)
中臀筋(股関節の外側を守る)
大臀筋(股関節の後ろ側を守る)
内転筋(股関節の内側を守る)
外旋筋(股関節の後側を守る深層の筋肉)

大きく分けてこれらの筋肉が股関節を守ります。
具体的なトレーニング方法は動画から御覧ください!

これらの筋肉を3つのトレーニングでしっかり刺激できるように考案しました。
ぜひお試しください。

股関節のトレーニングだけでは痛みが変わらない

トレーニングはしないよりもした方がいいです。

しかしトレーニングだけでは痛みが改善しないのも事実。
股関節は腰や骨盤などの影響を非常に受けるためカラダの専門家に一度チェックを受ける必要があります。

つくば・代々木で変形性股関節症や股関節の痛みでお困りの方はトータルボディメイクへお越しください。国家資格を持ち病院勤務を経た「理学療法士」が医学的知識を持って対応させていただきます。

正しい医学に沿った整体を受けてみませんか?