カラダお役立ち情報 Information for Body

我々理学療法士が、 カラダの為になる 様々な情報をお届けします。

理学療法士が腰痛を診断・治療するメリット??筋肉による腰痛は理学療法士にお任せ!つくば・代々木トータルボディメイク!

「85%の腰痛には診断名がつかない。」

という腰痛に関する有名な話。
つまり腰が痛くて、病院に行ってもほとんどの腰痛がわからない。
それでも湿布や痛み止めを渡されるのが日本です。

ある程度期間が経つと腰痛は楽になるからです。
しかし根本の原因は変わりません。

では他の国を見てみるとどうでしょうか?
理学療法士に開業権が認められているオーストラリアでは
「診断」も理学療法士が行っています。

日本において理学療法士は医師の診断の元でリハビリを提供することになっています。
理学療法士が診断を下すことは禁止されているのです。
でも診断のつかない腰痛の85%に関しては理学療法士の強みが生かせるのも事実。

なぜなら理学療法士はカラダの関するスペシャリストだから。
カラダの動きを分析して、的確に組織を探りわけ痛みを分析する能力に長けています。

そのような理学療法士が腰痛をみるメリットは何でしょうか?

理学療法士が腰痛をみるメリット1「問診」

0045tbm280721

病院ではどうしても長い待ち時間に短い診療時間。
日本の病院の回転率を考えてもこれが現実。

そのため「問診」に時間をかけられないのです。
患者さんの話を聞くことが一番痛みを知るための情報元になります。

・いつ?

・どこで?

・どんな風に?

・どこが?

・どのように?

・何をすると痛い?

・何をすると楽になる?

理学療法士は時間をかけて問診をすることができます。
もちろん現在だけでの話だけではなく過去にどんな怪我や病気があり、現在の腰痛とどのような関係があるかもしっかりと分析します。

実際、話をゆっくり聴くことだけで病気が楽になる人もたくさんいます。

理学療法士が腰痛を見るメリット2「動きを分析する」

0061tbm280721

理学療法士は動きを分析するスペシャリストです。
骨の動き、皮膚の動き、筋肉の膜の動きこれらを触り分けていきます。
さらに動いた時にどのような動きをするか?をみるプロでもあります。

・背骨の正常、異常な動き方

・骨盤の歪み

・歩き方

・立ち方

・運動のクセ

などなど

これらを見て分析し、次に実際に関節を動かして確認します。

実際の患者さんでも
「動いていないと楽だけど、動いた時に痛む」
という方が大半です。

痛む時の動き方を細く分析していくことができるのが理学療法士の強みです。

理学療法士が腰痛を見るメリット3「治療がその場で出来る」

0158tbm280721-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

痛み止めや湿布と異なり、理学療法士は運動やストレッチ、マッサージなどで
直接痛みにアプローチすることができます。

「病院に行って薬をもらって終わり。。。」ではなく
その場で直接治療をして状態をもう一度確認する
という行為ができるのです。

筋肉の問題が多い腰痛に関してはその場ですぐに効果が感じられることが多いです。
患者さんにとっては治療の効果がすぐにわかるのは嬉しいことですよね。

理学療法士が腰痛を見るメリット4
「セルフケアを正しく指導できる」

その場だけ治療をして痛みを軽くしておしまい・・

では不十分です。

問診で聞いた生活スタイルや腰に負担のかかる動き方の改善が腰痛解消の根っこなのです。
運動やセルフケアを正しく指導できることも理学療法士の強み。
人間の全ての筋肉の動きを知っているからこそ、細かい指導が可能なのです。

このセルフケアを継続することで腰痛の再発を抑えることができます。

例えばこのようなストレッチや運動をしましょう!!

つくば・高田馬場で理学療法士が腰痛をみる場所

では実際に理学療法士が腰痛をみてくれる場所は病院やクリニックになってしまいます。
しかし、現代の医療制度では20分や40分の治療時間が限度。

「ゆっくりと理学療法士がマンツーマンで腰痛をみてくれる場所はないの??」

つくば・高田馬場で理学療法士が腰痛をみる場所があります。
それが当店「トータルボディメイク」になります。

全スタッフが理学療法士を取得。
病院で8年以上の経験を持ったカラダのスペシャリストです。
まだまだ理学療法士が行う整体院は数少ないです。

腰痛に本気でお困りの方は一度ご来店ください。
ただ、マッサージやリラクゼーション目的の方はご遠慮ください。
私たちは本気で腰痛に対応するため、リラクゼーションだけのご使用はお控えください。