腰が丸まって腰痛になっている人はインナーマッスル「多裂筋」トレーニングがオススメ!つくばで腰痛を根本から治す!!

鏡を見たときに腰が丸まっている。。

慢性的に腰が痛い。。

そんな方には多裂筋のトレーニングがオススメ!

多裂筋って何?という方。

腰にとって命綱になっている深層にあるインナーマッスルです。

この筋肉が弱くなると腰が丸くなり、歩いている時も

左右にブレるようになってしまいます。

結果的に腰が丸くなり腰痛を引き起こすのです。

腰の丸まりを抑えてくれるもの・・・

それが多裂筋なのです。

ちょうど腰を安定させるコルセットのような役目をするのです。

今回は腰痛予防に必須のインナーマッスル「多裂筋」について

動画でトレーニングもお伝えします!

多裂筋ってどこにあるの?イメージしよう

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-11-13-58-02

筋肉の位置を知ることはとても大切。

多裂筋は腰のあたりにある筋肉です。

腰の表層ではなく、深層にある小さな筋肉。

多裂筋の上には一般的な「背筋」があります。

大まかに

腰の表層=アウターマッスル(背筋)

  深層=インナーマッスル(多裂筋)

があると覚えておいてください。

このため、表層である背筋をマッサージしたり筋トレしても

インナーマッスルである多裂筋にはあまり関与していないのが問題。

適切な負荷で、適切に運動をしないと多裂筋は鍛えることができないのです。

腰痛になると多裂筋はどうなるの?

腰痛になると多裂筋は「固くなって弱くなる」ことがほとんど。

つまり筋肉として支える役目がなくなってしまうのです。

腰回りが不安定になり、痛みにつながってしまいます。

医学的な論文においても

・腰痛患者は多裂筋の筋活動が低下する

・腰痛患者は多裂筋の反応が遅くなる

・腰痛患者は代償的に多裂筋が過剰に収縮してしまう

など腰痛と多裂筋の関係は深いことがわかっています。
(→腰痛には2種里のタイプがあります)

この多裂筋が弱くなってしまうと姿勢も悪くなり、猫背姿勢になってしまいます。

姿勢を良くするためにも多裂筋のトレーニングが大切!!

多裂筋って筋トレできるの?ポイントは??

じゃあこの筋肉はトレーニングできるか気になるところ。

多裂筋はトレーニングできます。

ネットで検索するとたくさんトレーニングの種類が出てきます。

多裂筋トレーニングの大切なポイントは3つ!

1多裂筋の位置を頭に入れておく

2負荷(おもり)は必要なし

3小さく動かす

いわゆる背筋運動でも可能ですが、腰痛の人は痛みが伴う場合があります。

無理をせずトレーニング方法はたくさんあるので専門家に相談しましょう。

具体的な多裂筋トレーニング方法(動画)

では2つほど動画をご紹介します。

1つ目は多裂筋と背筋のトレーニング。(負荷は高め)
2つ目は骨盤を動かす多裂筋トレーニング(負荷は軽め)

腰痛のある人は2つ目の動画から進めると効果的です!

多裂筋を日頃から鍛えておくと姿勢も綺麗になり

安定した位置で背骨が整いますよ。

インナーマッスルを整えるトータルボディメイク

トータルボディィメイクでは腰痛を「揉んでおしまい」にはしません。

なぜ腰痛になったのか?

姿勢はどうなのか?

筋肉のアンバランスはどうなのか?

動き方はどうなのか?

これらを理学療法士である私たちが細かく分析して

多裂筋も含むインナーマッスルのトレーニングもお伝えしております。

なぜ多裂筋が弱くなったのか?という原因も突き止める必要があります。

頑固な腰痛でお悩みの方はトータルボディメイクつくば・高田馬場へお越しください。