スマホの使いすぎでストレートネック?自宅で簡単!コリ固まった筋肉をほぐす方法!

スマホによるストレートネックとは

現代の生活の中で欠かせないスマートフォン。そのスマートフォンを長時間使うことにより体に悪響を及ぼすことがわかりました。スマートフォンを使うことによって首や肩が凝ってしまい頭痛や肩こりを引き起こします。

その中の一つに「ストレートネックがあります。

通常であれば軽い弯曲になっている首。しかしスマホを利用して悪い姿勢をとり続けると、いつの間にか弯曲が失われストレートネックに・・・

スマホをしている時の首の形を考えてみましょう。首が前に出て猫背に近い形になります。

この状態では人間の重い頭を支えるのに肩周りの筋肉が過剰に力を使います。頭自体はスイカ1つ、5〜6kgほどの重さがあります。首回りの筋肉を普段から鍛えている人も少ないため、首の筋肉に負担がかかってしまいます。

まっすぐじゃない?首の正しい位置はどこ?

そもそも背骨はS字カーブを描いています。

首は前弯、胸の部分は後弯、腰の部分は前弯になっています。

つまりストレートネックと言われるような症状は首の前弯が無くなっている状態なのです。背骨のS字カーブが失われると体にかかる負担が何倍にもなります。

スマホ使いすぎの人はしっかりとS字カーブを作り、背骨全体で首の負担を和らげましょう

→背骨カーブの作り方はこちらから

ストレートネックはどんな症状が出るの?

・肩こり

・頭痛

・めまい

・重症になると神経に影響が出る

 (腕や手の痺れ)

・眼の疲れ

などなど様々な症状が出現します。

肩こりや頭痛も毎日繰り返すことによって痛みが蓄積されてマッサージだけでは治すのは難くなってきます。特にしびれや腕の力が出にくい時は重症の場合もあるので近くの病院を受診してみましょう。頭痛に関しても注意が必要ですが、多くの場合筋肉が問題となっています。→筋肉による頭痛に関してはこちらのセルフケアをご紹介しています。

今日からできるストレートネック3つの対処方法

1スマホ時間を減らす

まずはスマホを見る時間を短くしましょう。

単純な量の問題ですが、あるデータでは女子高生のスマホ1日利用時間はなんと7時間にもなるそうです。これではいくら運動や対処をしても時間的に首の痛みは消えないでしょう。まずは目指せ1日1時間!絶対的なスマホ時間を減らしましょう。

2スマホを見るときの姿勢を変える

スマホを見るときの姿勢をきれいにすることです。首が肩よりも前に出ている人は注意。

スマホを見るときは姿勢を正して肩の上に耳があるように頭の位置を設定してみましょう。首や肩の張りがぐ~んと楽になるはずです。

また多くの人は首を曲げてスマホを見る人が多いです。なるべく目線とスマホの位置を合わせることで首の負担をさらに減らすことができます。

3背もたれを使う

背もたれを使うことで首回りの筋肉を緩めることができます。少しのけぞるような姿勢をとることで背中の筋肉の緊張を和らげましょう。

(背もたれは首までサポートしてくれるものが良いです。)

ストレートネックを少しでも楽に!自宅で簡単エクササイズ!

少しでもストレートネックを楽にするためには上記3つのことを守り、自宅で簡単なエクササイズを行いましょう!

ポイントは
・耳の後ろの部分の首に固めのタオルを入れる
・痛みのない範囲でゆらゆら動かす(1分程度)
・しびれや痛みが出たら中止

自宅で簡単にできるのでお試しください!

さらにストレートネックの改善方法を知りたい方は直接ご来店ください^ ^