辛い妊婦の肩こりの原因と自宅でできる対処方法!つくばで安心肩こり改善!!

突然ですが
妊婦の方に質問です。
「肩こりはありますか?」
質問にNoと答えられる人はいますか?

妊婦中は体の変化や体重の増加にが劇的に起こります。
ほとんどの妊婦女性に肩こりが存在します。
あなたの辛い肩こりの原因と対処方法をお伝えします。

スクリーンショット 2016-05-03 6.45.56

妊婦の肩こりの5つの原因

1ほとんど運動ができない
妊婦になると急に運動量が低下する人がいます。確かに安定期に入るまではあまり運動できませんがある程度安定したら適度な運動をしましょう。(医師の指示のもと)
運動不足により血行不良が起こり、結果的に肩こりにつながります。

2自律神経の乱れ
体のONとOFFを切り替える自律神経が妊婦の人は乱れます。これはホルモンバランスが崩れることが原因とも言われています。ストレスの多い生活で睡眠不足や食生活の変化の影響が体の負担を大きくするのです。

3骨盤の歪み
お腹が大きくなると骨盤自体にストレスが加わります。同時に腰回りにも負担がかかり、お腹の力が弱くなると背中の筋肉を通じて肩周りの筋肉を固くします。

4ストレス
心と体の問題はつながっています。精神的なストレスは肩甲骨周りの筋肉を固くします。またお腹が大きくなり、猫背のような姿勢もとりやすくなります。

5体重と姿勢の問題
妊婦は急な体重の増加によって姿勢が変わります。お腹が前に出る分だけ肩と腰に負担のかかりやすい姿勢になってしまうのです。

自宅で簡単にできる!妊婦さんの肩こり解消方法

1深呼吸をする
自律神経を整えることと、体全身に酸素を送ることで肩こりの血行不良が改善されます。

方法はとっても簡単。

自分の最も取りやすい姿勢で深く呼吸をするだけ。

鼻から吸って口から吐く。
写真のように手を大きく後ろに反ることでよりたくさんの空気が体にめぐります。
ストレスを溜めやすい人にも効果的!

スクリーンショット 2016-05-03 6.47.15

2弱〜いマッサージを受ける
強いマッサージは痛みや揉み返しを伴います。
妊婦中の体は敏感なので弱くて優し〜いマッサージをしましょう。

肩周りと鎖骨周りの皮膚を撫でるだけでも十分に効果があります。
1分くらい肩が温まる程度で十分です。
スクリーンショット 2016-05-03 6.49.12

3バンザイをする
肩周りに筋肉をつけるために重りを使う必要はありません。
自分の肩の重さだけで良いのでバンザイをしましょう。

バンザイをすることで肺も広がり呼吸しやすくなる。
加えて背中周りの筋肉を刺激するので姿勢の改善にもつながります。

スクリーンショット 2016-05-03 6.50.43

4耳たぶを回す
実はこれはかなり簡単にできて有効な方法です。
耳にはたくさんのツボがあり、筋肉を和らげるポイントなのです。

方法も簡単。
耳たぶを抑えて弱〜い力でグルグル回すだけです。
時間も10秒くらいでOK。
強く回さないでくださいね。

スクリーンショット 2016-05-03 6.52.48

つくばでママの肩こりなおしたい・・

でも妊婦中に整体に行って体を壊したら怖い・・・

そんなあなたにはリハビリの国家資格を持った理学療法士がいるトータルボディメイクつくばがおすすめ!しっかりと医学の知識を持ったスタッフが対応するので安心です。

あなたの症状に合わせて肩こりの対処方法をお伝えします!自宅でできるセルフケアを知るだけでもママの体は楽になります!

(状態によっては施術をお断りする場合もあります)