外反母趾の痛みをオーダメイドインソールで解決!扁平足も同時に!?つくば地域インソール作成数No1!

「足の親指が曲がってきて痛い・・」

歩くたびに痛む外反母趾はどうしたらいいの??

親指の間に何か入れておけばいいの??

そんな足のお悩みがある方には入谷式インソールをお勧めします。

トータルボディメイクつくばでは入谷式インソールでは地域ナンバーワンの作成数を誇っております。このインソールを作成できるのは講習を受け、歩行を見ただけで分析ができる理学療法士の力が必要になります。

外反母趾にも様々な特徴があります。一人一人にあった外反母趾用のインソールを作成して気持ちよく一歩を踏み出して見ませんか??

外反母趾は扁平足になりやすい?

外反母趾と深く関係するのが「扁平足」

いわゆるアーチが潰れた状態になってしまうことです。

人は足のアーチ構造によって歩くときのショック吸収を行います。

これが潰れてしまうと歩幅が狭く、小股で歩くようになってしまいます。

小股で歩く状態が続くと親指を使わなくなり、徐々に変形して、外反母趾になってしまうことがあります。外反母趾が進むと膝や股関節、腰にも悪影響を及ぼすことがあります。

外反母趾を治すためにマッサージしてもいいの?

はい、大丈夫です。

実は外反母趾になると硬くなる筋肉があります。

その筋肉をピンポイントでマッサージをして筋肉を柔らかくすることができます。

具体的な方法は動画をご覧ください↓↓

→もっと外反母趾について深く知りたい人はこちら

扁平足を変えるためにはアーチを作ることが大切

歩くときの外反母趾の痛みの原因の1つに「扁平足」が問題なります。

つまり足のアーチを作るようなインソールを入れることで親指にかかる負担が変わるのです。

ストレスのかかる場所が変われば痛みも変わります。

「じゃあ市販のアーチが高いインソールを入れればいいんじゃないの?」と思っている方。

実は歩きにはもう少し複雑な問題があるのです。

実際に外反母趾で内側アーチをあげたインソールを履いていると痛くなる人もいます。

歩きには「順序」が影響する

歩くときにはみなさん必ず「踵」から順に接地します。

次に土踏まず部分、最後に足の指で地面を蹴るような形になると思います。

歩きにはこのような「順序」があるのです。

1踵

2土踏まず

3指

この順番で歩くように作られているのです。

扁平足を直そうとしてアーチの高いインソールを入れることは「2土踏まず」の部分だけ変えることになります。

しかし歩きの最初で着く「踵」の部分が変わらなければ、土踏まず〜指までの負担は変わらないのです。ドミノ倒しのように途中だけ良くても、最初がバラバラであればうまく倒れないのと同じ。

歩きの最初〜最後までをトータルでコーディネートする必要があるのです。

市販のインソールではダメ?2つの問題点

世の健康ブームから市販のインソールも改良されて良いものが売られています。

しかしここで問題です。

この世に全く同じ足の形をして歩き方が同じ人がいるでしょうか?

市販のインソールの問題点はこの部分にあります。一人一人の個別性に対応することができない点にあります。

じゃあ足の型を取るようなインソールはどうでしょうか??

この足の型を取るインソールの問題は「歩き方」ではなく「立っている足の形を取ること」にあります。もちろん個別性に対応するという点はクリアしていますが、質としてはまだまだ不十分です。

歩くときに痛みを訴える人は「歩き」を分析する必要があるのです。

歩きを分析する入谷式インソール

この2つの問題点を解決したのが「入谷式インソール」です。

「一人一人の歩き方を一回一回分析し、動き方・くせ・痛みを確認。その人にあった歩き方になるまで作製する」

だからどうしても時間がかかります。

安くて簡単ですぐにできるインソールではありません。

でも外反母趾の痛みを解決し、歩きやすく、痛みなく動き出すための最高の道具だと思っています。たくさんの方がインソールの効果を実感しております。

外反母趾だけど痛くて歩きたくない・・

→そんな悩みを抱えている人はこちらまでお問い合わせください