あなたの靴のサイズは間違っている?専門家が教える正しい靴の選び方・履き方!つくば・代々木トータルボディメイク!

自分の足に合う靴・・

なかなか探すのがむずかしいですよね。

人によって足の幅が異なっていたり、足のサイズが左右違う人もいたり足も十人十色です。

今回は自分の足の形を知り、自分に合った靴の選び方をお伝えします。

足のサイズは「足長」と「足囲」が大切

足のサイズには大きく2つ「足長」と「足囲」があります。

足長とはかかと〜足の指先(最も長い足の指)までの長さ。

足囲とは親指と小指の付け根の周りのサイズです。

サイズを考えるときはこの2つの足長と足囲を確認しましょう。

簡単にまとめると足の前後と左右の大きさが合う靴を探すことです!

正しい靴選びのための4つのポイント( 動画あり)

1:かかと

まずは足の「かかと」から。

かかとに合わせて靴を履くようにしましょう!

大きすぎると脱げやすかったっり、きついとアキレス腱周りの靴擦れにもつながってしまいます。ちゃんと自分のかかとに合った靴を選ぶことでホールド感がとてもあり、安定します。

2:つま先

つま先には諸説色々言われています。「1cm開けてほしい」や「指2〜3本分開けてほしい」と言った感じです。絶対的なのは隙間なく指が動きにくくなっている状態。これはダメです。マメやタコの原因になってしまいます。

靴のつま先は最低でも0.5cm~1cmは開けましょう!

あとは靴紐を締めて歩いてチェックしましょう。

特に蹴り出しやすいかどうかがポイントになります。

加えて足の指5本が全部動かせるかどうかも重要ですね!

3:土踏まず

足のアーチを支える土踏まず。土踏まずのアーチの部分は靴によって様々。スポーツ系タイプの靴であればアーチはありますが、オシャレな平べったい靴にはアーチがありません。

適切なのは履いた瞬間に適度に土踏まずにアーチ部分が触れている状態です。

アーチが全くない靴になると疲れやすく、体のバランスを崩しやすくなります。

4靴の曲がる部位

足の指と靴の曲がる部位が同じかどうかはとても大切なポイントです。

これがずれていればその分だけ歩きにくくなり、足の指にも負担がかかります。また靴によって固くて全く曲がらない靴もあるのでご注意してください。

大きすぎる靴と小さすぎる靴の特徴

1大きすぎる靴の特徴

・歩いていると足が靴の中で前に滑る
・歩いているだけで足の横幅(足囲)がスカスカしてしまう
・かかとにフィットせず、パカパカ浮いてしまう。

2小さすぎる靴の特徴

・マメやタコができてしまう
・靴擦れを起こす
・歩いていて圧迫感をかかと・つま先・小指・親指あたりに感じる

これらの特徴があるときは自分の足に靴があっていない可能性があるのでご注意ください!

正しい靴の履き方

1かかとに合わせて靴を履く(軽くトントンとかかとで地面を叩く)

2足を120度くらいで固定して靴紐を結ぶ(靴紐の強さは圧迫されない程度)

3履き終えた後に靴の中で指5本動くか、指先に余裕があるか確認しましょう

たったこれだけです。

大切なのは靴の中にゆとりがあるかどうかです。(自分の足にフィットしすぎる(つまり小さい)靴を選んでいることがほとんど。)

しっかりと自分の足に合うかどうか、履いて・歩いてしっかりと確かめましょう!

靴と同じくらい大切なインソール

そして靴選びが終わったらインソールを考えましょう。

靴の中敷なんてなんでもいいと思っていませんか?

実は歩き方や立っている時の姿勢、体の負担を全てコントロールすることができるのです。それが365日毎日履く靴であればどうでしょうか?

1日1日・1歩1歩が快適になるか不快になるかが決まります。

当店では一人一人にあったインソールを提供させていただいております。

正しく歩き、快適に歩き、毎日最高の一歩を踏み出しましょう!

→オーダーメイドのインソール作成お申し込みはこちら