四十肩・五十肩で肩が挙がらない・・つくば市で肩のお悩みならトータルボディメイクへ

ん〜肩が挙がりにくい・・・

いわゆる四十肩・五十肩。肩関節周囲炎という名前があり、肩が上がりにくくなる病気です。

一旦この四十肩・五十肩になると痛みが強く動きが制限されやすくなってしまいます。

肩周りの筋肉や組織が硬くなると1年近く肩が上がりにくくなります。

当店に来た肩関節周囲炎のクライアントさんも肩が痛くて、90度までしか挙がらなかったとのことです↓↓

今回来たクライアントさんは1回の施術と運動でほとんど痛みなく、挙がるようになりました。あとは自宅で自主トレしてもらえればしっかりと肩が挙がるようになります。

肩の症状や状態はケースバイケースなので、1回で挙がる人もいれば、複数回通っていただく必要のある方もいます。

しかし放っておいて痛みを我慢することが一番良くないです。

一度専門家に肩を見てもらい

・安静にする時期なのか?
・痛み止めを飲む時期なのか?
・動かしてもいい時期なのか?

などをしっかりと判断してもらいましょう。

四十肩・五十肩ってそもそもなに?

四十肩・五十肩?肩関節周囲炎ってなに?というところから説明します!

すごく簡単にいうと肩の周りの炎症で肩を挙げると痛むことです。

これがちょうど40代や50代に起こりやすいので四十肩・五十肩と呼ばれるわけです。

・夜間に痛みがある

・肩を90度近く挙げた時に痛い

・腰に手が回らない

・ドライヤーするのも辛い

そのような症状がある方はもしかすると肩関節周囲炎かもしれません。気になる方は一度病院で受診してみてください。

どんな人四十肩・五十肩になりやすいの?その特徴は?

肩関節周囲炎になりやすい人の特徴は

・肩甲骨の動きが悪い

・猫背

・普段あまり運動をしない

・肩を動かす機会がない

・姿勢が悪く首が前に出てしまう

このような特徴を持っている人は肩関節に負担がかかりやすくなります。

知っておこう!四十肩・五十肩には3つの時期がある!

肩関節には大きく分けて3つの時期があります。

1急性期:痛みが一番辛い時期。夜も痛くて肩の置き場所がないような状態。通常は2週間程度でおさまります。病院に行き、痛みを和らげたり、飲み薬を使うことも考えましょう。

2拘縮期:人によってバラバラですが6ヶ月〜1年くらい続く人もいます。痛みは落ち着きますが動かすと痛い、引っかかる、動きにくい時期です。

3回復期:これもばらつきがあります。1年〜2年程度完治するまでにかかる人もいます。拘縮期から回復期にかけてしっかりと肩甲骨や肩周りを柔らかくする必要があります。

時期によって適切な治療を受けるようにしましょう!

急性期はまず病院。拘縮期〜回復期にかけてはリハビリや整骨院などでしっかりと肩甲骨・肩周りを動かしてもらいましょう。

四十肩・五十肩に効果的なストレッチを動画で紹介

安全に、効果的に行うためのストレッチを紹介します。

ポイントは痛みを出さずに肩甲骨と背骨を動かすこと!

肩がだるくなってきたな〜と思ったらこの運動をやってみてください!

四十肩・五十肩の日常生活で気をつけたいポイント

肩関節は痛みが出ると長く続き、炎症も起こりやすいです。

日常生活では極力痛みを出さないように肩を動かすようにしましょう。

・痛みが出る運動は行わない

・高いところのものは無理に取らない

・肩をグリグリ回さない

・腕を真横から挙げない

これらのことを守ってください。痛みを出さずに気持ちの良い範囲でストレッチを行いましょう!!

他にも肩が凝っている人で、肩が上がりにくいクライアントさんもいらっしゃいます↓↓

状態が軽ければ軽いほど、1回の施術で効果が出やすくなります。

つくば市で肩でお悩みの方は一度トータルボディメイクへご来店ください!!