変形性膝関節症の痛みに対する3つのセルフケア動画!病院以外でも専門家ケア!トータルボディメイクつくば・代々木がサポート

当店でも最近は「膝関節」の痛みを訴える方が増えてきました。

今回は自宅でも簡単にできるセルフケアをご紹介します。

ただ病院に行って体を預けるだけではダメです!

しっかりと自分でケアをして自分の体をコントロールできるようにしましょう(^ ^)

変形性膝関節症は増えている?

厚生労働省では、国内での変形性膝関節症患者数を、自覚症状を有する患者数で約1000万人、潜在的な患者数 (X線診断による患者数)で約3000万人と推定しています。1)

高齢化の中、患者数は年々、増加しています。

発病率は高齢になるほど上がります。
50歳以降の男女比(患者割合)では、女性のほうが男性よりも1.5倍~2倍多いことがわかっています。2)

日本人の場合、すねの骨が内側に 弯曲(わんきょく)しているので、 体重のかかり方から内側の軟骨ばかりが擦り減り、徐々にO脚になって、変形性膝関節症に発展しやすいといわれています。 

引用:人工関節ドットコム

と、年々膝の痛みで悩みを抱えている人は増えています。

高齢になればなるほど膝の痛みを抱える人は増えて、放っておくと手術で対応することになります。

膝が痛い人がやるべきことは3つ

膝が痛い人がやることは3つです。

1痛みをコントロールすること

2膝の動きをよくすること

3膝の筋力をつけること

です。

痛みのコントロールは薬や湿布、サポーターやインンソールでも良いです。しっかりと痛みをコントロールしないと十分な運動ができないからです。

痛みがある程度コントロールできるようになったら膝の動きを良くして筋力をつけましょう。

順番は1膝の動きを良くする→2筋トレの順番です。

膝が動かない状態で筋トレをしても小さな動きになってしまうからですね。

以下の3つのセルフケア動画で膝のケアをしっかりと自分で行いましょう!

膝が痛い人向け!3つのセルフケア動画

お皿の周りを丁寧にマッサージ

変形性膝関節症の人はお皿周りの皮膚や組織が固くなります。

特に膝の痛みが前側や内側にある人。

丁寧にお皿の周りの皮膚を引っ張ってマッサージしていきましょう!

全体を優しく丁寧に5分くらいマッサージすると膝が軽くなります!

膝の裏側をマッサージ

これは膝の裏側が痛む人や膝が伸びない人にオススメ!

膝がちょうど曲がる関節部分の皮膚を引っ張りながらマッサージをしましょう。

内側と外側に分けて行いましょう!

膝の曲げ伸ばしの動きをよくする運動

膝関節は伸びて安定する関節です。

だからこそ膝が伸びる状態にしておくことが大切です。

この運動は足の力を抜いて膝の曲げ伸ばしを手で行います。

リッラクスしながら5分くらい行うだけで膝の動きがよくなります。

ながら運動でも良いので、大きく動かして毎日実践しましょう!

トータルボディメイクで膝の痛みを改善するステップ

当店では以下の方法で膝の痛みを解決していきます!

1膝の状態を細かく評価(理学療法評価)

2膝の痛みの原因を探る(理学療法評価)

3膝の痛みを改善する(インソール)

4膝の根本の動きを改善する(筋膜リリース、組織間リリース)

5動きを改善した後にトレーニングをマンツーマンで行う

ただ痛い、固い部分をマッサージするだけでは根本の解決にはなりません。

膝の痛みの原因を根本から解決していきましょう!!

→施術とトレーニングと食事の3本柱で「膝の痛み」を根本的に取り除く2ヶ月コースはこちら