半月板損傷による膝の痛みを入谷式インソールで改善できる?トータルボディメイクつくば・代々木!

半月板ってなに?どんな症状??

膝にはクッションがあります。

それがいわゆる「半月板」というものです。

何かの原因で半月板が損傷すると

・膝の違和感

・膝の曲げ伸ばしが辛い

・膝がロックしてしまう

・膝が腫れる

・膝に熱をもつ

といった症状が現れやすくなります。

膝の半月板損傷の痛みは何が原因で起こるの?その過程は?

とてもシンプルに

・膝周りの筋力低下

・膝の中で炎症が起きている

・膝周りの筋肉が固くなっている

といった症状から下記の1〜4のように症状が進んでいきます。

1膝の曲げ伸ばしができなくなる

2膝が左右にブレて不安定になる

3膝の小さな捻れのストレスが加わる

4膝の半月板が傷ついていく

これが膝関節の半月板が損傷する基本的な過程です。

半月板損傷の治療方法は??

治療には

・保存療法(リハビリ)

・手術療法

の2種類があります。

基本的には医師の診察で保存か手術かを判断してもらいます。

半月板の程度が軽度であれば保存療法を選択し、筋力をつけて、柔軟性を向上させることでスポーツに復帰する選手もいます。

しかし半月板の程度が重症であれば手術療法を選択。切除する場合と縫合する場合があります。入院期間は施設によって異なりますが1週間程度、リハビリは1〜3ヶ月程度実施してスポーツに復帰する場合が多いです。

入谷式インソール半月板損傷をどうやって改善する?

膝の半月板損傷の問題は

・左右へのブレ

・ねじれのストレス

この2つのストレスがメインになります。2つのストレスを解消できれば膝の負担軽減や痛みの改善に繋がります。

もちろん膝が伸びて曲がることが前提として必須です。

膝の曲げ伸ばしに関するセルフケはこちらから↓↓

動きを改善した後に左右とねじれのストレスを改善するようにインソールを作成していきます!

歩き方と膝の痛む時期は人によって様々

人によって歩き方と膝の痛む時期は様々です。

・踵をついた瞬間が痛い

・土踏まずに体重が乗った瞬間に痛い

・指先に体重がかかった時に痛い

などなど。

同じ半月板損傷でもどの時期に膝が痛むか・不安定になるかは人によって様々。

だからこそ国家資格を持った理学療法士が歩行を分析することが大切になるのです!

インソールで膝の痛みが改善する理由

「履いた瞬間に痛みのかかる部分が変わる」

ズバリこれです。

膝の痛み自体はインソールで解消することはできません。

ただ痛みのかかる部位をほんの少しずらすことができます。

するとその瞬間から痛みを感じないで歩くことができるのです。

これがインソールで膝の痛みが改善する理由です。

魔法ではありませんが本当に履いた瞬間から痛みが変わります。

実際の膝のブレがなくなっているスポーツ選手の動画です↓↓

半月板損傷後で膝の痛みに悩んでいる方へ

「半月板損傷後で一時的には良くなったけどまだ痛い・・」

「手術したけど膝の不安定感が変わらない・・」

「スポーツすると膝が痛くなってしまう」

そんな半月板の膝の痛みで悩んでいる方へ。

膝の痛みやストレス軽減に入谷式インソールが解決策になるかもしれません。

一度ご相談ください(^ ^)