カラダお役立ち情報 Information for Body

我々理学療法士が、 カラダの為になる 様々な情報をお届けします。

簡単にできる側弯症のチェックと背骨のセルフケア動画付き!理学療法士がいる整体院つくば・代々木トータルボディメイク!

側弯症とは?

引用:http://www.honetto.com/sokuwan

側弯症とは体の背骨が左右・ねじれによって曲がっている状態。

側弯症とは前方からみて脊椎が10度以上曲がっていることを指します。

背骨が曲がると肩甲骨・肋骨・骨盤の歪みにも影響します。

側弯症?簡単背骨の歪みチェック

引用:https://www.joa.or.jp/public/sick/condition/infants_scoliosis.html

正確にはレントゲンや医師の診察が必要ですが、自宅で簡単に背骨の歪みをチェックすることもできます。

・立っている時の肩の高さ、手の位置

・前屈した時の背中の弯曲

・腰のくびれ

・骨盤の位置

・後ろから背中を見た時に過剰に曲がっていないか

肩こりや腰痛が長く続いている人も背骨の歪みが原因のことがあります。

一度自分自身で体の左右差をチェックしてみることをオススメします!

側弯症の発生頻度

側弯症の70%は原因不明の「特発性側弯症」

日本では100人に1人程度の発生頻度で思春期の女子に多いのが特徴。日本では240万人が側弯症の疾患を抱えている計算になります。

側弯症の原因

背骨自体に問題がある場合(構築性側弯症)と背骨自体に問題がない場合(機能性側弯症)があります。

背骨に問題がある場合(構築性側弯症)

・脳性小児マヒによる側弯症
・神経疾患の合併症による側弯症
・先天性側弯症
・外傷性側弯症
・脊椎側弯症

などが考えられます。

構築性側弯症の70%が特発性側弯症で原因がわからないものです。

背骨に問題がない場合(機能性側弯症)

日常生活の姿勢不良や筋肉のアンバランスから生じる側弯症です。

この場合は姿勢を整える運動や日常生活の見直しで改善することがほとんどです。

側弯症の治療方法

側弯症を早急に発見して予防をすることが大切になります。まずは整形外科医に受診して治療方法を決定していきましょう。

程度が軽い場合

運動療法で経過観察です。

9割近くの人は経過観察で症状が進行しない場合がほとんど。さらに予防としてストレッチや運動を取り入れて、姿勢が悪くならないように気をつけることも大切になります。

4週間のカイロプラクティック治療で側弯症の背骨の変形角度の減少が認められたという論文も2016年に発表されています。

進行する場合

装具療法と手術療法があります。

装具療法に関しては背骨をまっすぐにするように矯正をかけた装具を使用します。主に0〜30度の進行性カーブ・30〜50度以内のカーブであれば装具で対応することがあります。

医師によってつける時間が異なり、寝る時だけつけたり、24時間装着する場合もあります。症状が落ち着き進行が止まった時点で徐々に装具を外していきます。

装具療法でも側弯の進行が止まらず進み続ける場合には手術療法をとる場合もあります。

背骨周りの筋肉を柔らかくしよう

コンディショニングでは背骨周りの筋肉を柔らかくして予防することが大切です。

2つのエクササイズを動画でご紹介します!

背骨凸凹を専門家が見て筋肉のバランスを評価して運動を考えていきます。

トータルボディメイクでは国家資格を持った理学療法士が背骨の状態と筋肉のアンバランスを分析してトレーニングやストレッチを指導します。

装具療法や手術療法まではいかないけれども背骨の側弯が気になる人は一度ご相談ください。

適切な時期に適切な治療法を選択してより良いカラダの状態を保つようにしましょう。