カラダお役立ち情報 Information for Body

我々理学療法士が、 カラダの為になる 様々な情報をお届けします。

「脳梗塞後遺症で歩きにくい!」自宅で出来る歩行をスムーズにする3つの自主トレ!つくば・代々木トータルボディメイク!

脳梗塞後遺症で麻痺が残り日々もっときれいに歩きたいと思っている方にお勧めです。

今回は、スムーズに歩くための3つの自主トレーニングをご紹介いたします。

それは

① 座った姿勢で胸を張る運動

② 椅子からの立ち上がり

③ 足踏み

です!

「えっ、この運動ですか?」

「普段の生活でいつもやっているし、歩きやすくなるの?」

そうです。

普段の生活でいつも行っている動作です。

この3つの動作にこそ歩きやすくなるポイントがあります。

特別な動作ではありませんが、実は、正しい動きが身についていないことが多いのです。

では、なぜ3つの動作で歩きやすくなるのかご紹介いたします。

座った姿勢で胸を張る運動

1つ目は、座った姿勢で胸を張る運動です。

そもそも脳梗塞片麻痺の方は猫背で体重が後ろにかかり姿勢が崩れている方が多いのです。

そうすると腹筋が働きにくく腰に力が入りません。

また、麻痺をしている手は前に垂れ下がり働きにくくなります。

ではどのように運動を行うのか?

腰を前に起こしながら胸を張り、左右の肩甲骨を寄せます。

そうすると、曲がっていた背骨が真っ直ぐにするため骨盤や肩甲骨(麻痺の手)の位置が修正されます。腹筋や肩周りに力が入りやすく歩く時の上半身が安定します。

椅子からの立ち上がり

2つ目は、椅子からの立ち上がりです。

立ち上がる時はお辞儀をしながら体重をおしりから足へ移動します。

お辞儀の際は、股関節をしっかり使うため、歩く時の脚の支えや振り出しに効果的です。

また、床を踏みしめるため、足裏の感覚が養われます。前方への重心移動は、歩く時に前へ進む感触がつかめます。

そして、低い位置から高い位置へ体を移動させるため足腰の筋力が鍛えられます。

全て歩くときに必要な要素が鍛えられます。

より効果的な立ち方は

・麻痺の脚が外側を向かず、真っ直ぐ踏ん張れていること

・体重が麻痺をしていない側に寄りすぎていないこと

が大切です。

足踏み

3つ目は、立った姿勢での足踏みです。

ここで大切なことは2拍子のリズムです。

この脳梗塞を患った方の歩きを観察すると2拍子のリズムが刻めていないことが多いのです。

そもそも脳梗塞は麻痺の影響からバランス障害を起こしやすく麻痺をしていない脚に頼りがちです。

しっかりバランスを保とうと意識的になるため全身が力みやすくなります。

そのため、脚が突っ張ったり固い崩れた歩き方になりやすいのです。

では、なぜリズム運動が大切なのか?

それは、運動をコントロールしている脳の場所が違うからです。意識的に運動しているときは脳梗塞を患った大脳が一生懸命に活動しています。

これでは司令塔に余裕がありません。そもそも健康な時に、「よし、歩くぞ」と考えながら歩きませんよね!

実は、リズムに乗って運動している時は脊髄が無意識的に運動をコントロールしているのです。そのため、大脳にゆとりができ、力まずに歩くことが出来るのです。

足踏みのポイントは、

・2拍子のリズムを一定に保つこと

・脚を強く踏ん張らず、軽く刻むこと

この2点が大切です。

最初は号令に合わせ足踏みし慣れてきたら号令をせずに足踏みしましょう。

歩きやすさを実感することが出来ると思います。

脳梗塞後にインソールも効果的

当店では脳梗塞後の方にもインソール作成をしております。

足元が安定すると歩きやすさも変わるのでオススメです。

まとめ

脳梗塞後遺症のスムーズに歩くための3つの自主トレーニングを紹介しました。

脳梗塞を患ってから何年が経っても運動の継続が大切になります。日常で出来る3つの運動なので今日から取り入れてみてください!

・もっときれいに歩きたい

・姿勢を良くしたい

・バランスがしっかり保てるようになりたい

・筋肉の突っ張りを楽にしたい

などお考えの方はトータルボディメイクへ是非一度ご相談下さい。

リハビリの国家資格を持ったスタッフが担当させていただきます。