スタッフ紹介 Staff

唐澤 幹男

1982年7月20日生まれ
理学療法士/保健医療学修士
ヨガインストラクター(RYT200コース修了)
NPO法人メディカルリハビリテーション理事
Total Approach 研究会学術部
入谷式上級コース修了

推薦の声はこちら!

丁寧に体を調べあなただけの施術を提供します。
痛みを改善したい、自分の体を変えたい方お待ちしております。

Message

 はじめまして、トータルボディメイクつくばの唐澤幹男です。
 私は9年間病院に勤務しながら、トレーナー活動やNPO法人での活動や、セミナー講師活動を行っている中で、「直接身体を診て欲しい」という依頼を受けることが多々ありました。病院を通じて私の施術を受ける場合にはいくつもの壁があり、リハビリテーションには日数制限などもあります。
 「どこに行ったら診てもらえるのか?」「もっとずっと診てほしい!」「もっと早く先生に出会いたかった…!」そういった声を頂く事が増え、今回の場所を自分で創り上げる事に至りました。理学療法士は開業権がありません。また法律上、病院の中で医師の指示を受けておりませんので「理学療法」を提供できません。だから私の施術には保険が適用されません。
 しかし、私が理学療法士として培ってきた知識・技術を駆使し皆様のお悩みやご希望に的確に対応致します。

実績

 茨城県立医療大学を卒業後、つくば市内の総合病院で9年間理学療法士として急性期、回復期、慢性期、外来、スポーツ外来で実績を積み、 延べ患者数22000人の治療、インソールを200足以上を作成、魔法の靴を作るセラピストと呼ばれる。 2007年から 2010年まで筑波大学ハンドボール部トレーナーを兼務し、関東リーグ優勝、インカレ準優勝をサポート。 また 2014年には骨盤と腰椎の研究にて茨城県立医療大学大学院を卒業し、保健医療学修士を取得。 理学療法士、ヨガインストラクターを対象に治療法や解剖学などのセミナーを年間30本以上、受講者は年間1000人を超える。

  • バイオメカニクスと動作分析 エキスパート理学療法1

    バイオメカニクスと動作分析
    エキスパート理学療法1

    → Amazon

  • ブラッシュアップ理学療法―88の知が生み出す臨床技術

    ブラッシュアップ理学療法
    ―88の知が生み出す臨床技術

    → Amazon

  • 臨床実践 足部・足関節の理学療法 (教科書にはない敏腕PTのテクニック)

    臨床実践 足部・足関節の理学療法
    (教科書にはない敏腕PTのテクニック)

    → Amazon

吉田 直紀

1985年11月15日生まれ
理学療法士
PHIピラティスマット・プロップス・バレルインストラクター
JARTA SSランクトレーナー
NLPプラクティショナー
LABプロファイルプラクティショナー

推薦の声はこちら!

心と体が変われば人生が変わる。あなたのカラダは何パーセントですか?一生付き合えるカラダのパートナーとしてサポートさせていただきます。

Message

 はじめまして、トータルボディメイクつくばの吉田直紀です。
 スポージムインストラクターを経てスポーツ現場、病院で勤務したくさんの人の身体を見てきました。「体が痛い…肩が上がらない…腰が重い…思い通りに体が動かない」体に関する悩みは尽きることがありません。どこか1箇所良くなっても、また違うところが痛くなる。そんな体の不調の連続から抜け出して欲しいのです。
 どこにでもあるような整体ではありません。1回だけの付き合いではないのです。自分の体は何よりも大切な財産です。私はその財産を預かる責任感を持っています。「髪を切るように、ご飯を食べるように、定期的に体をメンテナンスする。」これからの体の常識が変わり、一人でも多くの人の心と体が良くなるように一生のパートナーとして付き合っていきます。
 みなさんに体験して欲しいのです、自分の最高の身体を。

実績

 早稲田医療技術専門学校を卒業後、横浜・東京にて急性期病院とスポーツクリニックに勤務。 その後整形外科病院勤務を経てトータルボデイメイクつくばへ勤務。トップアスリートも支持するJARTAトレーニングをスポーツ現場で指導し、海外で25年も愛用されているPHIピラティスを用いた独自の施術トレーニングを展開。日本代表選手・プロスポーツ選手とマンツーマントレーニングも実施。2013年から講師依頼が急増し、現在も理学療法士や一般の方を対象に理学療法士の知識を提供。
 また欧米を中心とした心理療法の一つである神経言語プログラミングNLPを用いた問診から心の悩みもサポートしている。

推薦の声

たくさんの著名人から推薦のお声をいただいております。

唐澤先生はこんな人です!


入谷 誠 Makoto Iritani

足と歩き研究所 入谷式足底板

 唐澤先生は長年いちはら病院へ勤務され、若手理学療法士の指導にも熱心に活動され、院内外を問わず積極的に当たられています。
 入谷式足底板は人間の動きを改善させ、その動きを変える手段として存在します。したがって入谷式足底板は、スポーツ選手や一般の方を問わず「痛み」のある方にとって有効な手段になると思います。

入谷式インソールの詳細はこちら!

福井 勉 Tsutomu Fukui

文京学院大学保険技術学部 学部長 
文京学院大学保険医療科学研究科 教授 
文京学院大学スポーツマネジメント研究所所長

 唐澤幹男というセラピストは傑出した人間力を持つ男です。
 多くのことに興味を持ち常に前進し続けています。人間として彼が人に好かれるのは、自分自身の利益を考えることのみではなく、常に利他的に行動しているからだと思います。人に優しく生きることは、自分に厳しくならざるを得ない時も出てきますし、また逆に自分に優しくしなくては、生きる力が欠乏することもあると思います。唐澤幹男は、そのバランスが取れている。恐らく、多くの人が彼と話をし、彼の柔軟性を高めた可能性が高いと思います。人との繋がりが人生の宝のひとつだとすると、彼はすでにその宝を手に入れています。多くの方が彼と関わっていますが、その方たちも彼から貰っているものが沢山あり、その相互作用が唐澤幹男を優しくし大きくしてきたのではないかと思います。私自身が彼から貰ったものは、「丸く突っ走る」柔軟性と強い信念を持ち合わせた人間味溢れる、魅力的な力です。


銘苅 淳 Jyun Meikari

ハンガリープロハンドボーラー (筑波大学出身)

 唐澤さんを端的に表すと「情と熱がある人」です。
トレーニングで選手のことを観察しながら、ケアだけではなく正しい動き方を教えてくださったので、怪我も減り、パフォーマンスも向上しました。私が脚全体にしびれが出てどうしようもなかった時も就業前の貴重な時間にわざわざお越し下さってケアをしてもらったこともあります。ボランティアでお願いしていたのですが、本当に選手のことを考えて、よりよくしたいという想いがないとできないことだと思います。そういう想いが私たちに伝わるのに時間はかからず、すぐに信頼関係を築くことができました。唐澤さんには身体を安心して預けられますし、どうしてもらいたいのか、どうなりたいのかを 聞いてくれるし一緒に考えてくれます。これからも友人として戦友として付き合っていきたいですね。ぜひたくさんの人をハッピーにしてきた唐澤さんの「想いが伝わる施術」を体感してもらいたいと思います。

吉田先生はこんな人です!


中野 崇 Takashi Nakano

株式会社JARTA international 代表取締役

 吉田さんとは、JARTA設立時から講師として共に活動してもらっている間柄で、私は彼のことを深く信頼しています。
 吉田さんは、スポーツトレーナーとしてもセラピストとしてもその能力は申し分なく、これまでも数々のプロスポーツ選手のサポートを安心してお願いしてきました。彼の最も優れていると感じるところは、非常に強い向上心は当然として、自分のことよりも他者の役に立つことを優先して行動・思考することができ、そしてそれを心から自分の喜びにできるところです。
 自分が結果を出すことよりも、彼が関わる人が成果を出すことを最優先できること、これはトレーナーやセラピストという仕事において欠かすことのできない資質です。
 吉田さんは誰よりもその資質を高いレベルで持たれています。そして現場に甘んじない強さや、人の心を思いやる優しさも彼を語る上で欠かせないものです。
 これからの吉田直紀さんのご活躍、楽しみにしております。


山口 麻美 Asami Yamaguchi

元女子サッカー 日本代表選手

 膝をケガしてから約2年半ずっと痛みに悩まされる日々でした。全国の病院を周ったり、手術も繰り返しあらゆる治療などしてきたのですが治らずサッカーを一度辞めました。 そんな中、吉田さんに出会いリハビリを続け、階段などで痛みが強く出る程日常生活でも 支障が伴う状態からまた痛みなくサッカーが出来る状態にまでなってまた現役選手復帰する事が出来ました。
 リハビリで痛みなく走れた瞬間の感動は今でも鮮明に覚えています。又、ここでやった事が体のパフォーマンス向上に繋がっているのでケガする以前よりも運動能力が上がり 体の正しい使い方を教えて頂いたのでその後も普段の生活からとても役に立っています。またサッカーが出来るようになったのも吉田さんのおかげです。心から感謝しています。